面倒な上司

行儀作法やマナーにうるさい上司(女性)がいて面倒だっていう話を聞きました。
お茶の出し方など、すごいうるさいそうです。
問題はその嫌味な言い方にあるようで。
もっと上手に言ってくれたら指導として受け入れられるのに、嫌味な言い方するから嫌な感じになるのだ。
もし自分が上司でマナーにうるさくても、うまく伝えられるように勉強しようと思う。
そんな時はこないと思うが。

今考えてみても、「はて、、、、お茶の出し方??」って思います。
どこからどう出す、柄の向きがどうの、、なんて考えたことない。
もちろん書類の上に置く、とか、そういうのは問題外ですよ。

もしそういう上司がいても、口答えせずにやっていくのが正解らしい。
言いたくなる性格ですが、
(例えば、部下に注意してたら「いいじゃないですかそれくらい」って、、言いたくなる)
でもそこは我慢するのが自分自身の為、ひいてはその部下のため、みたいです。

そもそもそんな人がいるって事が不幸ですが、でも、マナーを教えてくれていることに変わりはないし、
それに従て身についてきたら、すごいマナー上品な人になることうけあい。
そっちの方がお得ですよね。
ということで、肝に銘じます、、、口答えはしない!笑
これにつきます。

このブログ記事について

このページは、せいらが2018年9月 1日 00:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「景色がいい?」です。

次のブログ記事は「ツメの伸び方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。