信用されてない

人に信用されてないなって感じると悲しくなります。
そこまで信用されてないんだ、、、って泣いたこともあります。
苦しくもありました。
自分は信用しているし、信用しようって努力します。
そのうえでもし、もし!騙された、とかあってもそれは仕方ない。

なのに、自分は信用されていい人間だと思うし(真面目に)精一杯やっているのに、
相手はまったく信用していないような言葉がある、これはショックです。
どうして?とか考えても、信用に値しない人間って思われてしまったのだから仕方ないね。

今はその人からの攻撃を避けるように、関係なくなるようにうごいていくだけです。
信用されてない人と何かを一緒にやっていくのはこころが折れていくのでね、
どこかで線引きしなくては、です。

切る、ってことです、縁を。
相手もその方がいいと思います、そうでしょ?
信用してない人間に、いろいろ任せなくてはいけないなんて苦痛だよね。

早く縁が切れる事を名がっています。

信用、、、しましょうね、根拠もなく信用しないなんて、
自分だって信用してもらえなくなりますよーー。

このブログ記事について

このページは、せいらが2018年7月 1日 17:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「豆乳」です。

次のブログ記事は「景色がいい?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。